カウンター

  • 24183総訪問者数:
  • 22今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数:
  • 39一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年9月21日カウント開始日:

BungeeCard / TeleportSigns

BungeeCard_build#1013 TeleportSigns_v1.3.2

BungeeCardはサーバ間ゲートですね。プラグインではなく、Bukkitやspigotと同様に単体で可動するJavaサーバです。 よく、PvPサーバなどで見かけますが、ロビーサーバやゲームサーバなど一つのサーバ内で納められない場合や、全然別の他サーバとのサーバ間接続に使われますね。絵に描くと以下の様な感じ。

絵面的にはBungeeCardへログインしているように見えますが、入り口としての橋渡しになってるだけで、ログインすると直ぐにロビーサーバへ接続されます。 TeleportSignsは移動用のゲートを看板で実現するプラグインですね。BungeeCardはコマンドでサーバ間を移動するので、それをしやすくするだけのものです。

実現方法や機能制限などを纏めると以下の様な感じ。

BungeeCard自身が独自のポート番号を持つので、同じサーバ上のマイクラサーバが居るなら、その番号とは別にしなければならない。 BungeeCardを経由しなくても各マイクラサーバへのログインは可能(ただしそれは推奨できない。詳しくは次項以降) 1.7の後半のバージョンから、マイクラサーバが個人情報をUUIDで管理するようになったが、BungeeCard経由だとUUIDが変わるので、運用中のサーバにこの機能を追加すると「お初さん」になってしまう。回避するには以下の設定が必要。 ・spigotサーバを使って、設定ファイルspigot.yml内のbungeecordをtrueにする。 ・BungeeCardのconfig.ymlのip_forwardをtrueにする。 各サーバはonline-modeをfalseにしなければならない。(server.propertiesか、起動オプション-o trueを付ける) どこのサーバに居ても外部から見えるサーバ全体のログインプレイヤー数はカウントされる。 MinecraftForgeの入ったクライアントだとログイン時のサーバ一覧にバニラ(V)かどうかの表示がでますが、バニラでは無いという表示になってしまいます。それでもロビーサーバがバニラならバニラで入れるし、そのほかのサーバがModサーバならサーバ間移動の時に遮断されます。

ちなみにspigot.ymlのbungeecordをtrueにすると、BungeeCord経由でなければログインできなくなります。何れにしろonline-modeを切ると管理者アカウントを奪われる危険性があるので、直接ログインはしない運用にするのが吉ですね。

以下、設定方法です。

TeleportSignsを使うなら、BungeeCordのconfig.ymlのpermissionsにあるbungeecord.command.serverはadminに移すべき。看板を使わなくても誰でもテレポートできちゃうっぽいので。 また、以下の様な設定にすると、指定したプレイヤーだけがadmin permissionsに設定されたコマンドが使えますね。

groups: プレイヤー名: – admin

config.ymlのlisteners設定の意味は以下の様な感じ。 max_players…最大ログイン数だが、これは表示上だけ。実際には個々のサーバの上限が制限となる。 fallback_server…ロビーサーバが死んでしまっている時に接続するサーバ名。 host…BungeeCord自体の接続設定「0.0.0.0:25555」みたいにすると「25555」ポートで接続可能となる。 default_server…ロビーサーバ motd…マイクラのクライアント側に表示させる紹介文 config.ymlのserversは、接続するサーバ分全て記入する。

サーバ名: address: 192.168.xxx.xxx:25553  ←マイクラサーバのIPとポート restricted: false motd: ‘サーバ説明’  ←サーバの説明。ほとんど表示されることは無い。

ちなみに、config.ymlにもonline_modeの設定がありますね。当然、trueで運用すべき。 ip_forwardについては上に書いた通りです。 […]

鯖管のつぶやき

私の周りでマインクラフトのサーバを建てる人が多い気がするので、実際に公開マイクラサーバを建てるというのはどういうことかというのを経験を元に書いてみたいと思います。 まぁ、サーバを2つ立ち上げたとはいえ、まだ公開サーバ管理者歴半年の若輩者ですがご参考まで。

ちなみに実際にサーバを建てても公開しない・内輪だけって人も居ると思いますが、このコラムでは公開サーバを建てる前提で書いてます。

で、一回目のコラムは「何故サーバ管理者をかって出たのか?」というネタ。私の場合は以下の理由です。

サーバ管理が楽しいから(元々サーバを持ってた) 好きなマイクラサーバが作れるから 以前入ってたサーバが管理者のミスで巻き戻ったあげく、バックアップもろくに取って無くてせっかく作った物が戻らなくなってついカッっとなって。

元々趣味というか自分のスキルアップというかそんな感じでサーバを持ってたのですが、ゲームサーバを管理するというのがどういうことか?というのにはちょっと興味があった訳です。

あと、マイクラサーバはプラグインで結構カスタマイズができますが、実際にサーバを建てる人の楽しみってこれじゃないですかね?私もいろんなオンラインゲームをやってきましたが、いつかは自分好みのサーバを建ててみたいと夢見てた(実際にWebゲームくらいは作った事があります)訳ですが、それを実現するのにまさに好都合ですね。マイクラ鯖は。 マイクラ鯖を管理してるとよくわかりますが、ゲームとしてのマイクラは普通の人は1~2ヶ月くらいで一旦飽きます。当然それより長い人・短い人・’しばらくして戻ってくる人も居ますが、だいたい1~2ヶ月っていうのが平均みたいです。少なくとも「マイクラサーバを建てるという楽しみ」は1~2ヶ月程度では飽きないですね。っていうか公開サーバを建てるのにはそのくらいの準備期間が必要ですけどね。当然人に寄りけりですが、サーバを建てるというのはそのくらい楽しめます。

ちなみに巷のマイクラ鯖には「管理者が管理者に飽きてしまって、別の人に管理を委譲している」という例がソコソコあるようです。 当然そういうサーバはハードの管理者とマイクラの管理者が別です。どうも私が以前居たサーバもソレで、結局どっちの管理者もちゃんとバックアップの管理をしてなかったようで、結果的に大規模な巻き戻しが発生したようです。 なので、私の管理してるサーバはバックアップはかなりしっかりしてるつもりです。定期セーブは当然として、1時間毎のバックアップ(12世代)と、日次の外部バックアップ(10世代)、月次のバックアップ(消してないので残り続けてる)をしてます。 ちなみにクラウドストレージも使って本当に家の外へのバックアップも試したいなぁとも考えてます(むしろ安全よりも技術的な興味に近いw)

と、まぁいきなり長文となってしまってアレですが、次回に続きます。

VideoPad

Avalonサーバの紹介動画を作りたかったんですが、ムービーメーカは表現のしかたがそろそろ限界で、がんばっても似たような動画しか作れなくなってきたので、探してみました。

で、たどり着いたのがコレ。ちなみにどこかに無料って書いてあった気がしたけど、有料なのね。

やや使い慣れる必要はある物の、ムービーメーカに近い感覚で作れるので慣れやすいですかね。動画の画面が2つ有りますが、左が選択レイヤーのプレビューで、右がレイヤー合成後のプレビューなので、この辺の使い勝手もとても良いです。

難があるとすれば、テキスト一つ一つが画像扱い?のような位置づけで、コメントが多い動画を作るのがちょっと大変です。後はBGMが個々のシーンに合わせて希にぶった切られるのも使いづらいかな。エフェクトもシーン毎に設定するので、「纏めて全部に設定」ってのができないです。

ただ、エフェクトの設定は各レイヤー毎にかなり細かくできるので、時間を掛ければ様々な表現ができますので、ツールとしてはシンプルでいいですね。個人的に「ボタン一つで様々な事ができちゃう系」は好きじゃ無いので、そういう人にはお勧めです。

ちなみに作成した動画はこちら。

ニコニコ動画へのアップも初めてチャレンジしてみました。結構エンコードの制約とか厳しくて難しかったけど、「つんでれんこ」を使ったらあっさりアップ可能な形式が作れました。

【ニコニコ動画】Minecraft Multiplay Server "Avalon"